らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

X-H1のX-TransCMOSとXF10のベイヤーセンサーでフィルムシミュレーションを撮り比べました X-H1 vs XF10


スポンサードリンク

f:id:asanokawa:20190305143338j:plain

フィルムシミュレーション撮り比べ

こんにちはひぃ〆

hixi (@rakuphotohixi) | Twitter 

です。

先日 FUJIFILM XF10 を購入しました!!

fujifilm.jp

購入したのならば機種レビューを書けば良いのに

購入前から気になっていた

X-Trans CMOSとベイヤーセンサーの

フィルムシミュレーション撮り比べです。

レビュー書きました↓

 

www.rakuphoto.net

 

   

 

 

まずはセンサーの違いから

・X-Trans CMOSセンサーとは

豊かな表現を生み出す2430万画素のAPS-Cセンサー「X-Trans CMOS III」。非周期性の高いカラーフィルター配列により、光学ローパスフィルターなしでもモアレや偽色の発生を抑制。専用開発されたフジノンXFレンズとのコンビネーションで卓越した描写力を発揮。

 FUJIFILMのミラーレスカメラに搭載されているFUJIFILM独自のセンサーになっております。このセンサーがFUJIFILMの特徴であるjpg撮って出しの色を出しています。

 

・ベイヤーセンサーとは

詳しい特徴は省きますが

一般的にほとんどのデジタルカメラが採用しているセンサー形式です。

今回購入したXF10はFUJIFILM独自のX-Trans CMOSセンサーではなく

ベイヤーセンサーを採用しております。

 

そこで今回はFUJIFILMユーザーが結講気になる

X-Trans CMOSとベイヤーセンサーで

フィルムシミュレーションの写りが違うのか?

問題を検証します。

それでは見ていきましょう。

X-H1とXF10の統一前提条件

f:id:asanokawa:20190205145403j:plain

 

三脚に取り付けて撮影はしましたが性格がアバウトな上に

画角が揃っていません。

そこは素人検証だと思って見逃してください!!

 

Lightroomで取り込み後補正なしのリサイズのみで書き出ししております。

 

なお遠景テストを取り込んだ後に

センサーにゴミがついていて空に黒い点がありますが

撮影後ブロワーでプシュプシュしておいたことを報告しておきます(笑)

 

遠景テスト

f:id:asanokawa:20190305134312j:plain

XF10 プロビア

f:id:asanokawa:20190305134523j:plain

X-H1 プロビア

 

 

f:id:asanokawa:20190305134355j:plain

XF10 ベルビア

f:id:asanokawa:20190305134623j:plain

X-H1 ベルビア

 

f:id:asanokawa:20190305134430j:plain

XF10 クラシッククローム

f:id:asanokawa:20190305134753j:plain

X-H1 クラシッククローム

続いて

緑の被写体で比べてみます

 

f:id:asanokawa:20190305135240j:plain

XF10 プロビア

f:id:asanokawa:20190305135727j:plain

X-H1 プロビア

 

 

f:id:asanokawa:20190305135624j:plain

XF10 ベルビア

f:id:asanokawa:20190305135826j:plain

X-H1 ベルビア

 

f:id:asanokawa:20190305135504j:plain

XF10 クラシッククローム

f:id:asanokawa:20190305135934j:plain

X-H1 クラシッククローム

 

続いてカラー多めのプラモデルでの比較です。


クラシッククロームを撮り忘れた上に訳あって割とテキトーにトリミングしてあります。

大変申し訳ありませんが

色の違いを検証する分には問題ないかっとそのまま掲載します。

といった前提の上

カラー多めのプラモデルでの比較

f:id:asanokawa:20190305140333j:plain

XF10 プロビア

f:id:asanokawa:20190305140439j:plain

X-H1 プロビア

 

 

f:id:asanokawa:20190305140405j:plain

XF10 ベルビア

f:id:asanokawa:20190305140529j:plain

X-H1 ベルビア

 

 

 

まとめ&考察します

 

いかがでしたか?皆様の目にはどのように写りましたでしょうか。

私的には多少の違いがあるような...ないような...といった感じです。

 

違いがあるような気がする...と判断できそうなフィルムシミュレーションは

ベルビアの色が多少違うかなー?

 

まぁ正直に言いますとフィルムシミュレーションのjpg撮って出しで美しい写真が撮れる事を売りにしているメーカーですのでカメラ毎に色合いや傾向が違いすぎても困りものです。

 

比較的安価なXF10でもしっかりFUJIFILMの写真が堪能できる!!ということは嬉しいことですよね。

 

結論として

違いが心配な方は気にしなくてもOK!!

XF10を検討している方はちゃんとFUJIFILMのフィルムシミュレーションの色です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジフイルム XF10 ブラック 《納期約1−2週間》
価格:47220円(税込、送料無料) (2019/3/5時点)

楽天で購入

 

それではまた!!