らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

【レビュー・作例】NIKKOR Z 24-200mm F4-6.3 VR 軽快便利で頼りになるズームレンズ!


スポンサーリンク

f:id:asanokawa:20200824142931j:plain

こんにちはひぃ〆です。

今回は

NIKKOR Z 24-200mm F4-6.3 VR レビューをお届けします。

このレンズはニコン Zマウントレンズ初の高倍率ズームとしてZマウントユーザー待望のレンズとして発売されました。

私は予約購入で手に入れた初めてのレンズかもしれません。

大きな期待を込めて買ったこのレンズの実力や如何に!!

まぁ先に書いてくと

めっちゃいいレンズです!!

とりあえず作例を!!な方はこちらからどうぞ↓

 

レンズ概要・スペック

トラベルレンズの新スタンダード、小型軽量で高性能な8.3倍高倍率ズームレンズ

広角24mmから望遠200mmまでと幅広いシーンをカバーし、5.0段(CIPA規格準拠)※の高い手ブレ補正効果を発揮するレンズシフト方式VR機構を搭載。高倍率ズームレンズにもかかわらず小型軽量で約570gと軽く、機動力を確保しながらさまざまなシーンを撮影したい旅行などに最適な1本です。光学性能も追求し、ED非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚、非球面レンズ2枚を採用。画像の中心から周辺までシャープな描写がズーム全域で得られます。アルネオコートの採用でレンズ面に垂直に入射する光に起因したゴーストやフレアを低減します。

 

型式 ニコン Z マウント
焦点距離 24mm-200mm
最大口径比 1:4-6.3
レンズ構成 15群19枚(EDレンズ2枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ2枚、アルネオコートあり、最前面のレンズ面にフッ素コートあり)
画角 84°-12° 20′(撮像範囲FX)
61°-8°(撮像範囲DX)
焦点距離目盛 24、35、50、70、105、135、200mm
ズーミング ズームリングによる回転式
ピント合わせ IF(インターナルフォーカス)方式
手ブレ補正 ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
手ブレ補正効果:5.0段※CIPA規格準拠
VRモード:NORMAL/SPORT
三脚使用時ブレ補正:有り
最短撮影距離 0.5m(焦点距離24mm)、0.54m(焦点距離35mm)、0.55m(焦点距離50mm)、0.58m(焦点距離70mm)、0.65m(焦点距離105mm)、0.68m(焦点距離135mm)、0.7m(焦点距離200mm)
最大撮影倍率 0.28倍
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/4(焦点距離24mm)、f/6.3(焦点距離200mm)
最小絞り f/22(焦点距離24mm)、f/36(焦点距離200mm)
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 67mm(P=0.75mm)
寸法 約76.5mm(最大径)×114mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約570g

ここまでニコンより引用

ポイント良いところ

・24-200mmまでの高倍率ズーム

・フルサイズ用高倍率ズームとして570gと軽量

・望遠端で0.28倍は結構寄れる

ポイントいまいち

・広角端24mmで50cmまでしか寄れない

・F値が暗い

 

と言ったところでしょうか。

このポイントは使用していて感じるところです。

ポイントいまいちの部分は押さえておいた方が良いと思います。

 

外観・装着例

 

Z6 Z 24-200mm装着例

f:id:asanokawa:20200824143324j:plain


広角端24mm

f:id:asanokawa:20200824143145j:plain

 

望遠端200mm

f:id:asanokawa:20200824143201j:plain

結構伸びていますがホールディングは良好です。

前玉の方ではなくマウント側に重量がくるようにして重量バランスをとって開発したそうです。

納得の使いやすさ。

 

スイッチ類

f:id:asanokawa:20200824143207j:plain

スイッチ類・・・と言ってもズームロックスイッチしかありません。

これは24mm側でズームをロックする機能ですね。

今のところロックなしで勝手に伸びたことはありません。

なお、手ぶれ補正(VR)の切り替えはボディ側ですることになります。

三脚を使うときはボディ側で切り替えましょう。

 

他Zマウントレンズとの大きさ比較

f:id:asanokawa:20200824143214j:plain

置き方が雑ですね・・・

右から
・Z24-200
・Z20mmF1.8S
・Z50mmF1.8S

・Z14-30mmF4S

になります。

手持ちレンズの中では一番大きく重い・・・のですが前述通り570gと大変軽量です。

質感・操作感も良いと思います。

 

 

AF性能・動体撮影の所感

顔出し写真になりますので作例は出しませんが

屋外晴天で

女子中学生に走ってもらったり

ソフトテニスの撮影をした感じ悪くないです。

私の手持ちレンズで

AF-P 70-300mmf4-5.6 E VRとほぼ同等かな?くらいのAFでした。

ただしスポーツ撮影や室内撮影ですとF値の暗さ・200mmまでしかなくAPS-Cクロップの場合Z6は1000万画素となることは考慮するべきところです。

 

NIKKOR Z 24-200mm F4-6.3 VR 作例

焦点距離による撮影倍率例

手持ち撮影ですので焦点距離・ピントが少々まちまちです。

まぁ大体あってますのでご参考にしてください

f:id:asanokawa:20200824145428j:plain

24mm

f:id:asanokawa:20200824145421j:plain

35mm

f:id:asanokawa:20200824145658j:plain

50mm

f:id:asanokawa:20200824145721j:plain

70mm

f:id:asanokawa:20200824145638j:plain

105mm

f:id:asanokawa:20200824145710j:plain

135mm

f:id:asanokawa:20200824145724j:plain

200mm
自由作例

順不同でドーンといきます。

こんな感じで撮れるのかー程度にどうぞ。

基本jpgそのまんまです。

f:id:asanokawa:20200824151653j:plain

f:id:asanokawa:20200824151728j:plain

f:id:asanokawa:20200824151605j:plain

f:id:asanokawa:20200824151446j:plain

f:id:asanokawa:20200824151637j:plain

f:id:asanokawa:20200824151744j:plain

f:id:asanokawa:20200824151513j:plain

f:id:asanokawa:20200824151717j:plain

f:id:asanokawa:20200824151651j:plain

f:id:asanokawa:20200824151902j:plain

f:id:asanokawa:20200824151706j:plain

f:id:asanokawa:20200824151945j:plain

f:id:asanokawa:20200824151807j:plain

f:id:asanokawa:20200824151839j:plain

f:id:asanokawa:20200824151927j:plain

f:id:asanokawa:20200824151833j:plain

f:id:asanokawa:20200824151900j:plain

f:id:asanokawa:20200824151856j:plain

f:id:asanokawa:20200824151853j:plain

f:id:asanokawa:20200824151922j:plain

f:id:asanokawa:20200824151936j:plain

 

まとめ的な

いやぁ・・・いいレンズですこと笑

今まで5〜10倍程度の高倍率ズームを何本か使いましたが

ダントツで高性能だと思います。

ピント面に描写の甘さがないんですよね。カリカリ。

F値は暗いですがボケは自然で綺麗だと思います。

 

描写も文句なしですが何より便利!!笑

24-200mmなので普段使いで何でも撮れます!!

しかも軽いので持ち運びも苦になりません。

 

このレンズをベースに目的の単焦点一本という運用は快適です。

Z6より軽量なZ5にもきっと合うでしょうね〜

 

フルサイズでトラベル・日常使いのズームレンズをお探しの方におすすめです!

 

 

それではまた〜

 

 

www.rakuphoto.net

 

 

www.rakuphoto.net

 

 

www.rakuphoto.net