らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

Z6iiからGFX50SII に変えた感想を書き記したい

こんにちはひぃ〆です

今回は

Z6iiからGFX50SII に変えた感想を書き記したい

とか書いちゃってますが厳密な比較とかする気はさらさらありません笑

感覚的なものです。

しかも画像さえ用意する気がない素敵な写真ブログです。

いつもありがとうございます。

ボディの出来

操作感とか使っている感じですね。

カスタムボタンの数や配置はZ6ii

メニューは慣れの問題なので優劣ないかな。

グリップはGFX50SIIが握りやすいです

ボディ本体は圧倒的に重いはずなのに重さを感じません。

これは適切なボディの厚みとグリップが私に合ってるんでしょう。

 

あとFUJIFILMさんに強く言いたいんですが十字キー無くしたのはマジ良くない。

メニューとかジョイスティックやコマンドダイヤルで操作するより十字キーが直感的に使いやすいの!!

 

ファインダー

これは文句なしにZ6iiですね

GFX50Sii

EVF:0.5型有機ELファインダー 約369万ドット

Z6ii

0.5型 Quad-VGA OLED、約369万ドット

スペック的には似たような感じですが・・・

GFX50Siiは暗いところから明るいところに向けた時白飛びするんですよね。

この感じX-H1の時と同じ感じがします。

普通に使用する分には問題ないですが

Z6iiから考えると負けてるなと感じます。

 

操作性

 

www.rakuphoto.net

 

これは上記記事にもしました。

結構GFX50Siiの操作にも慣れてきたので普通に使えています。

やっぱり十字キーが欲しいなぁ・・・。

メニューとかは完全に慣れの部分だと思いますし

どちらが優れている!!と感じる部分は少ないですね。

 

AF性能

もうZ6iiの完勝です。

Z9と比べるとAFが弱いと言われているZ6iiですが

GFX50Siiと比べると「神AF」と言えるでしょう。

レンズに依存するところもありますが

AF早いと言われているGF35-70mmは「ヒィぃぃーーン」という音を出しながらスーッと合わせるのに対してZ24-70mmとか無音でスッと合いますもんね。

GF63mmF2.8に至っては「ぐごごっぐっぐっ!」と手に伝わる振動を感じながらAFします。

AFでの動体撮影は基本的に諦めましょう(置きピンとかで対応できますが・・・)

なんかXF35mmF1.4みたいな〜と言われますが

XF35mmF1.4は「ウィウィウィっウィ!」です。

GF63mmF2.8は「ぐごごっぐっぐっ!」です。

ここテストに出ます。

画質

 

www.rakuphoto.net

 

www.rakuphoto.net

 

Z6iiも文句なしの画質でした。

ただGFX50Siiは何か違うんですよね。

センサーサイズなのかFUJIFILMのフィルムシミュレーションなのかレンズなのか。

優劣というより「良い意味で何か違う」

GFX50Siiは画質一点突破で超満足度高いです!

 

まとめ

一般的にオススメしたいカメラとシステムは

Z6iiです!!笑

いやね。本体の出来に交換レンズの豊富さに価格を考えるとそうなります笑

めっちゃいいカメラですよ。

 

ではGFX50Siiにして後悔しているか?

と言われると全く後悔していなくてですね。

・画質一点突破

・動体を撮ることがほぼ無くなった

・これ以上は考えられないセンサーサイズ(画素数はGFX100系がありますが)

私的にこの辺を念頭に置いて買い換えたので不便はないです。

風景撮影の満足度は高いですし今の写真の用途に合っています。

 

とまぁ取り留めのない文章になりました笑

使う人の用途に合ってればカメラは何でもいいのよ

楽しく撮ろうぜ