らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

50mmレンズは好きですか?Z50mmF1.8S 作例あります。

f:id:asanokawa:20190930192023j:plain

 

こんにちはひぃ〆です。

さて。

ここで突然ですが

Z50mmF1.8Sの作例をご覧ください。

f:id:asanokawa:20190930192229j:plain

f:id:asanokawa:20190930192239j:plain

f:id:asanokawa:20190930192317j:plain

f:id:asanokawa:20190930192340j:plain

f:id:asanokawa:20190930192352j:plain

f:id:asanokawa:20190930192442j:plain

f:id:asanokawa:20190930192505j:plain

f:id:asanokawa:20190930192532j:plain

f:id:asanokawa:20190930192556j:plain

f:id:asanokawa:20190930192613j:plain

f:id:asanokawa:20190930192637j:plain

f:id:asanokawa:20190930192703j:plain

f:id:asanokawa:20190930192718j:plain

f:id:asanokawa:20190930192733j:plain

f:id:asanokawa:20190930192751j:plain

f:id:asanokawa:20190930192808j:plain

f:id:asanokawa:20190930192827j:plain

f:id:asanokawa:20190930192906j:plain

f:id:asanokawa:20190930192928j:plain

f:id:asanokawa:20190930192943j:plain

f:id:asanokawa:20190930193009j:plain

f:id:asanokawa:20190930193026j:plain

f:id:asanokawa:20190930193047j:plain

f:id:asanokawa:20190930193111j:plain

 

スポンサー広告

   

 

実は苦手だった50mmレンズ

私の50mm相当のレンズとの戦いはAPS-C機導入からはじまりました。

Nikon 35mmF1.8 DXというレンズが最初です。

その後フルサイズ機で

50mmF1.4G

50mmF1.8D

55mm F2.8 micro

富士フイルムでは

XF35mmF1.4を売っては買っては3本使いました。

 

正直に申しまして

どれも使いこなせませんでした。

 

「寄ればマクロ風にも、引けば広角風にも50mmは万能レンズ」

ネットで情報を探せばこんなことが書いてあります。

 

いや。私の50mmは

「寄ろうと思っても寄れないし、引いても狭い使いにくいレンズ」でした。

 

それでも。

今度こそは。

私は使ってみせる。

納得する写真を撮ってみせる。

以前もご紹介しましたがこちらの作例に惚れたから。

ごまちゃん可愛い。

bluelines.hatenablog.com

www.rakuphoto.net

www.rakuphoto.net

 

 

そして通算何本目かわからない50mmレンズ購入

www.rakuphoto.net

先日のブログにも書きましたが最初の印象は「優等生」です。

今回は輪島市にある「千体地蔵」へ行くときに連れ出しました。

 

www.rakuphoto.net

 あ。なんか一年前にもブログ書いてますね。

 

そこで撮れたのが冒頭の写真達なのですが。

 

あれ?超使いやすいんですが?

緑の作例ばかりで申し訳ないのですが好きなものを撮るのでご容赦ください。

 

たぶん・・・多分なんですが。

「寄れないなら寄らずに構図と立体感を考えればいい。引けないなら切り取れば良い」

そうなんですかね?

 

何か50mmの使いやすさに目覚めた気がします。

 

撮影していてカメラで確認しても

家で写真を確認しても感じたのは

 

Z6 Z50mmF1.8Sの解像と立体感すげぇ・・・。

これに尽きます。

 

f:id:asanokawa:20190930192505j:plain

再喝。F2.8で撮影。

立体感があるんですよね。

ピント面のカリカリからのボケとかたまらんです。

f:id:asanokawa:20190930193009j:plain

再喝。F2.8。

どうやらお気に入りはF2.8の模様。

どうですこのヌケ感。たまらんです(二回目

f:id:asanokawa:20190930192613j:plain

再喝。F1.8。

そしてこのボケ。本当に2018年ワーストレンズなんですかね。

私はめっちゃ好きなんですが。たまらんです(三回目

 

Zマウントの単焦点。おすすめしたい。

というわけで作例を中心にお届けしました。

山や林に入って緑や風景を撮っているとイキイキします。

外に出て撮りたいと思えるカメラとレンズ。

写真って本当にいいもんですね〜

 

それではまた!!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NIKON Z6 Z50mmF1.8 レビュー。隙のない素晴らしい単焦点レンズ。

f:id:asanokawa:20190927180558j:plain

 

こんにちはひぃ〆です。

先日NIKON Z6 Z24-70mmF4レンズキットを購入したわけですが

今回はZ6購入を決めたレンズである

Z50mmF1.8Sレビューをお届けします

まぁレビューと言いましても届いたばかりで近所の散歩でしか写真は撮っていませんが

気になっている方の参考になれば幸いです。

ちょっと触った感じとして

「新時代の標準単焦点」って感じです。

フィルムカメラ全盛時代は50mmが標準レンズと言われてきましたが

昨今はiPhoneなどのスマートフォンは大体28mmですので

50mmが標準か?というと準望遠みたいに感じる方もいるかもしれませんね。

 

 

とりあえず外観など。

f:id:asanokawa:20190927181145j:plain

f:id:asanokawa:20190927181329j:plain

f:id:asanokawa:20190927181322j:plain

うーん。

50mmF1.8ってこんなに大きかったっけ?

過去に使ったフルサイズ標準単焦点がAF-S50mmF1.4Gはもっと小さかった記憶があります。

ある程度の大きさはありますが

実際持ってみると割と軽くて

Z24-70F4のズームレンズより軽くて軽快な感じです。

 

スペックの確認・AFの所感。

NIKONサイト公式より

型式 ニコン Zマウント
焦点距離 50mm
最大口径比 1:1.8
レンズ構成 9群12枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)
画角 47°(撮像範囲FX)
31°30′(撮像範囲DX)
ピント合わせ IF(インターナルフォーカス)方式
最短撮影距離 撮像面から0.4m
最大撮影倍率 0.15倍
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/1.8
最小絞り f/16
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 62mm(P=0.75mm)
寸法 約76.0mm(最大径)×86.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約415g

Z24-70F4が約500gですの約85g軽いです。

たったの85gですがされど85g。

沈胴式で一手間かかる24-70より軽くて軽快に扱えます。

AFは無音で早いですね。

これ大事。

動体を追うようなレンズでもないですが

AFにストレスがないって大事です。

MFのフィーリングもまぁまぁってところだと思います。

MF専用のヘリコイドヌルヌルって感触はないですが

スムーズにある程度の抵抗感はあり使いやすいと思います。

 

   

Z50mmF1.8S作例

f:id:asanokawa:20190927191517j:plain

 F2.8で撮影しました。どうでしょう。

この立体感ある描写。

コンクリートの「市」にピントを合わせましたがそばにある草も伸びやかに描写されていると思います。

f:id:asanokawa:20190927191357j:plain

f:id:asanokawa:20190927191839j:plain

続きまして引きの写真。少々シャドウを持ち上げて調整しています。

F8くらいまで絞って撮影しましたがキリッと引き締まっています。

と言いますか絞りは開放からバリバリに解像している印象です。

f:id:asanokawa:20190927191913j:plain

f:id:asanokawa:20190927180558j:plain

こちらは絞り開放F1.8でほぼ最短で撮りました。

ピントは薄々ですがピント面は大変よく描写しています。

ボケも自然で綺麗ですね。

f:id:asanokawa:20190927192515j:plain

f:id:asanokawa:20190927192427j:plain

f:id:asanokawa:20190927192544j:plain

f:id:asanokawa:20190927192616j:plain

中距離からお花の撮影です。

発色も良く美しいです。

今回の撮影は素性を見るためにjpgそのままで多少の調整にとどめています。

f:id:asanokawa:20190927192831j:plain

F8まで絞って。

瑞々しい葉っぱの質感がいい感じです。

f:id:asanokawa:20190927193123j:plain

F2.8。

蔦の絡みついた木と紅葉した葉っぱの質感をご覧ください。

 

まとめと私感。

f:id:asanokawa:20190927193259j:plain

短時間での撮影ですが作例をご覧いただきました。

いかがでしたでしょうか?

Z6の手ぶれ補正もあり大変快適に撮影できました。

 

本文中にも書きましたが絞りは被写界深度の調整だけで

描写は開放から一切の隙もない

と感じました。

開放の甘さも癖も一切排除したひたすらに50mm単焦点の仕事をするレンズという印象です。超真面目な優等生です。

これを「面白くない」という方もいるだろうなぁ〜という気もします。

お前はどうなんだ?と言われると

私は大歓迎です!!

自然・植物・風景を撮っても

生き生きとした植物・枯れた葉っぱ・風景をリアルに写してくれるレンズだと思います。

 

この隙のない50mmレンズを如何に使いこなすか?

言い訳は一切聞かない(描写に隙は無い)

使いこなしてみろ!!と

これはNIKONからの挑戦状に違いない!!(妄想)

 

妄想は置いておいて本当にいいレンズです。

そのうち書きますがZ24-70F4Sもそうですが

Zマウントのレンズ(ボディも)は良い。

 

f:id:asanokawa:20190927193434j:plain

 

それではまた!!

 


 

 

 


 

 

 

 

www.rakuphoto.net

 

 

 

 

 

富士フイルム X-Pro3発表で思ったこと。

こんにちはひぃ〆です。

今回は先日発表になった富士フイルム X-Pro3について考えていたことをまとめたいと思います。

富士フイルムユーザーとして

今回ニコン Z6を購入はしましたが

X-T1を3台・X-H1・X-T30も購入しレンズも結構買った富士フイルムユーザーです。

最初はX-T1がAF強化されたファームウェアver4.0だったと思います。

まぁ強化されても動体には弱く褒められたものではなかったですが笑

それでも撮って出しの写真は素晴らしくボディもレンズも軽量で大変お気に入りになりました。

 

その後機能的に遅れていたX-Pro1の後継機

X-Pro2の発表です。

f:id:asanokawa:20190925173755j:plain

格好いい。

中身も最新。

正常進化してきました。

欲しい。と思いましたが金銭的に見送りました。

この時から家電店でレンジファインダースタイルのカメラを触っていましたが

そもそもレンジファインダースタイルが使いにくかったってこともあります。

 

その後富士フイルムは順調にデザインは前機種をほぼ踏襲する形でモデルチェンジしてきましたね。

X-T2

X-T20

X-E3(これはX-E2と変わったかな)

 

X-H1はボディ内手ぶれ補正搭載モデルの初代なのでちょっと違いますが。

 

そして噂イラストが流れる

噂元・画像はこちら

www.fujirumors.com

f:id:asanokawa:20190925175134j:plain

f:id:asanokawa:20190925175138j:plain

 

私はこの情報を見たときに

「また噂サイトがテキトーな妄想記事流しているわ。ありえないよ。」

こう考えていました。

当たり前にX-Pro2のデザインで

もしかしたらチルト液晶になるかな〜?ぐらいにしか考えていませんでした。

 

この時の私の関心は

X-Pro3にボディ内手ぶれ補正は付くのか?しかありません。

 

そしてX-Pro3発表へ

どん!!

 

f:id:asanokawa:20190925175816p:plain

 

f:id:asanokawa:20190925175929p:plain

f:id:asanokawa:20190925180116p:plain

 

どん!!

f:id:asanokawa:20190925180704p:plain

おやおやおや・・・・

これは・・・・

ひょっとして・・・・

f:id:asanokawa:20190925180827p:plain

f:id:asanokawa:20190925180922p:plain

Hidden L・C・D!!

私はショックを受けました。

何だ・・・これは・・・

極め付けのこちら。

f:id:asanokawa:20190925181215p:plain

フィルムシミュレーション表示機能!!

現実でした。

ありえない。

当然

今まで通りのX-Pro系

そう思っていた私の想像とは全く違うものでした。

 

そして私は混乱した

これは何だ。

なぜだ?

ファインダーはいいとして

・設定するときに一々下にモニターを開くのか?

・背面モニターを使って撮影するときに下に開くのか?

・X-Pro2の後継を待っていた人はこの形を望んでいないのではないか?

・バリアングルでもよかったのではないか?

・ファインダーで被写体に向き合うって背面モニターでも出来たのでは?

様々な思いが頭の中を駆け巡ります。

 

 

普通に撮影するには不便じゃないか?

 

悶々としているところに

 

nikon Z6が到着しました。

うん。いいね。使いやすいわ。

今の自分にちょうど良い。

 

ちょうど良い?

一般的に大きく重いであろうフルサイズミラーレスが使いやすい。

では

X-Pro3が使いやすい人も当然いるだろう。

あれ?

普通って何だ?

上の箇条書きって「ひぃ〆」の普通の撮影じゃないか?

カメラは人それぞれでライフスタイルも人それぞれ

 

富士フイルムは

X-Pro3というカメラでの写真撮影

ライフスタイルを提案するんだ

 

そう考えたときにモヤモヤは消えました。

 

何がない。

何するときに不便では?

そんなものは人それぞれ。

 

ストリートであらかじめ設定した状態で撮影したり

ファインダーを覗きながらQボタンで設定を呼び出したり

背面小型液晶で設定を確認したり

フィルムシミュレーションを見てニヤニヤしたり

撮り終えた後に少しモニターを開いて確認したり

クラシックな佇まいをカスタマイズしたり・・・

 

夢が膨らんできました。

なんて豊かなカメラなんだ!!

それぞれの使い方で充分すぎるほど楽しめる!!

 

使わないとわからないそれぞれの魅力

実際まだほとんど外観という断片的な仕様しかわかっていません。

カメラは購入して使ってみないと絶対に使用感はわかりません。

X-Pro3を快適に操作できるUIを富士フイルムが用意しているでしょう。

 

この個性的なX-Pro3を

みなさんがどんな使い方をして

どんな素敵な写真を見せてくれるのか

撮影というライフスタイルが変わるのか。

 

今は発売が楽しみです。

私が妬むような(笑)素敵なX-Pro3を見せてくだい!!

 

 

Nkon Z6で撮影して写真は変わったのか。

f:id:asanokawa:20190923192557j:plain

こんにちは

らくふぉと。ブログのひぃ〆です

先日Z6を購入した経緯っぽいブログを書きました。

 

www.rakuphoto.net

 では前の機種X-H1から写真は変わったのか。

「カメラが変わっても撮る写真は変わらない」

私は繰り返しこう言ってきました。

久しぶりのニコンフルサイズ機。

その実力は私の写真に変化を与えるのか。

 

 

 

先に申しておきます。

写真は変わる。

トップに貼った写真を再掲載します。

f:id:asanokawa:20190923192557j:plain

私はこの写真をパソコンに取り込み全画面モードで鑑賞しました。

「ヤベェな・・・」

良い。私は平面のモニターの中に立体を感じたのだ。

手前の市場から海へ。

そこに広がる空に漂う雲の描写に

「ヤベェな・・・」という語彙力の欠片もない言葉を発するしかなかった。

簡単にいうと

好き

です。

 

少しだけ Nikon Z6 Z24-70F4 作例をご紹介します

 

 

   

 

 

f:id:asanokawa:20190923193658j:plain

大好きな被写体の枯れた葉っぱの質感。いい。凄くイイ。

 

 

f:id:asanokawa:20190923193900j:plain

玉ボケチェック。

ボケ量はそれなりですけどいい感じです。

 

f:id:asanokawa:20190923193927j:plain

ピントは真ん中のくるくる。

くるくるについた毛も良い具合に写っています。

 

 

 

f:id:asanokawa:20190923193931j:plain

きゅうり。

なだらかな立体感のある描写です。

 

 

f:id:asanokawa:20190923193948j:plain

いい具合に伸びた葉っぱ。いいね。

 

今現在の所感。

まだZ6を手に入れて数日ですので

この感覚は変わっていくかも。

 

確かに今までのX-H1とは写真は変わりました。

それはメーカーとセンサーサイズが変わったから。

ボケ量とかダイナミックレンジの差なのでしょうか?

立体感は変わったような気がします。

このあたりはZ6の方が好みです。

 

撮って出しの色の安定感と豊富さはフジフィルムの魅力

Z6を使ったらわかりました。

ニコンの撮って出しが悪いとは思いませんが

フジフィルムのフィルムシミュレーションは良い。

何ですかね。

ビビットに当たるベルビアの派手ながら上手く調整されている感とか

アスティアの絶妙感とかクラシッククロームの地味渋い感とか。

この辺りはフィルム作りの一日の長があるんだな〜と思いました。

 

ニコンにもカスタムピクチャーコントロールがあるので期待している

正直撮って出しの選択肢の多さでは負けている感のあるZ6ですが

カスタムピクチャーコントロールという機能があります。

これは撮って出しの色味を調整する機能です。

有名どころでこのようなサイトがありますので色々試して見ようと思います。

nikonpc.com

 

Z6。カメラも写真も好きです。

f:id:asanokawa:20190923201121j:plain

 

撮れる写真もカメラとしての出来もかなり好感触です。

ちょっと心配していた操作も元ニコンユーザーだけにすぐ馴染めそうです。

楽しんで写真が撮れそう!!

 

それではまた^^

 


 

 

 

 

 

 

NIKON Z6 Z24-70F4レンズキットを購入するまでの道のり。

こんにちはひぃ〆だZ。

先日こんなブログを公開しておきながら

 

www.rakuphoto.net

 NIKON Z6 Z24-70 F4を購入しました

フルサイズミラーレスです。

カメラ好きの皆様の間では毎度おなじみの機種ですね。

散々X-H1でいいかな〜と言っていましたが我慢の限界です。

 

オレ、フルサイズミラーレスが欲しい。

 

この気持ちを偽って写真を撮り続ける事は出来ませんでした。

本当に散々迷ったんです。

ちなみにこのカメラとレンズを購入するために

マップカメラにお嫁に出したカメラとレンズは・・・

まぁいいでしょう。

向こうで元気にやってください!!

 

 

購入候補

フルサイズミラーレス導入は決定していたんですが

その道のりは結構長い道のりでした。

結構悩みました。

一番カートに出たり入ったりした

 

EOS R&RF24-240&RF35mmF1.8

  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:214150円(税込、送料無料) (2019/9/22時点)

楽天で購入

 

 


 

 

 このCANON EOS R 楽々レンズキットでフルサイズ便利ズームライフでハーフマクロの単焦点キットー!!

大変魅力的なカメラとレンズでしたが

これフルサイズにして便利ズームって代える意味あるんかなー

作例は悪くないけど(むしろ便利ズームとして大変良い)・・・

うーん・・・

でもRF35mmマクロの写りは最高やん?最高やん?

と悩みまくり

 保留・・・

 

もう一つは

α7iii

 

 

カメラは大変素晴らしい!!

文句なしに良い!!

のですがレンズ選定で超迷う。

FE24-105mmF4いいけどこれ買ったら単焦点にお金回らないし・・・

FE24-70Z F4は作例を見ていてグッと来るものがないし

タムロン28-75は寄れるしいいけど24mmないと後悔すること間違いなしだし・・・

と悶々と彷徨う・・・

 

NIKON Z6 FTZ Z24-70mmF4Sキット

 


 

 

実はフルサイズミラーレスで一番購入予定がなかったのがZ6でした

元々ニコンの一眼レフを使っていて

「D600オイルダスト問題」←検索してね

の当事者でニコンへの信頼が揺らいでいたからです。

ニコンのミラーレス、一部で「十分に手ブレ補正効かない」不具合 点検修理へ - ITmedia NEWS

という問題はありましたが概ねボディの信頼感はありそうです。

 

作例も他機種はモニターに穴あけてやろうか!!というほど見ていましたが

全くのノーマークといっていいほど見ていませんでした。

 

どーれ最新のニコン機もチェックしてみるかなー・・・

bluelines.hatenablog.com

「オレ。ニコン買うわ。」

即決しました。

とりあえずご紹介したブログをご覧ください。

ごまちゃんが可愛いんです

 なんとキュートな猫ちゃんでしょう。

ごまちゃんが可愛いんです。クリックリなお目々が最高だと思いませんか?

 

Zシリーズのレンズは全体的に素晴らしい描写というのは見聞きしていましたが

本当に素晴らしい。

Z50mmは購入候補としてZ24-70F4の方はどうなんだろう?と一応調べることに・・・

 

あら・・・結構いいじゃん・・・

これなら充分な写りかな〜と

すでに注文した後に

こちらのブログがtwitterのTLに流れてきました

【作例写真】NIKKOR Z 24-70mm f/4 S レビュー!ミラーレス新時代にふさわしい小三元標準レンズ! | KOTOBAKO - コトバコ

 

 娘ちゃんが可愛いですね

いや。可愛いんですが。

私は確信しました。

今!!

オレが!!

使いたいカメラは!!

Z6で間違いねぇ!!

 

NIKON Z6との写真も綴るらくふぉと。の今後。

というわけで今後はNIKON Z6 とX-T30(これは売らなかった)の写真やらカメラ話でお届けする予定の「らくふぉと。」第2章?を引続きよろしくお願いします。

 

ごまちゃん可愛い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭りに行ってきた

こんにちはひぃ〆です。

最近またまたカメラ購入妄想が激しく

マップカメラのカートに行ったり来たりを繰り返しておりました。

撮影にもいかずカメラのことばかり考えていても仕方ありませんよね。

新しいカメラを買っても今度はレンズ妄想でカートに行ったり来たりを繰り返す事は分かっています。

 

これからはもう少し写真ブログらしく日々の写真を公開して行きましょうかね。

 

というわけで?

先日お祭りに行って撮影してきました。

観光化されていない地域のお祭りなので派手な演出はありません。

サクッと写真をどうぞ。

f:id:asanokawa:20190912174355j:plain

f:id:asanokawa:20190912174447j:plain

f:id:asanokawa:20190912174707j:plain

 

今回は動いているキリコの撮影には外付けストロボを投入です。

人物をちゃんと写す目的です。

まぁそれなりに写っているのですが

顔がはっきり写っている写真をブログで公開するわけにもいかず

誰かに渡すわけでもないので

写した意味がないような気もしています。

f:id:asanokawa:20190912174754j:plain

f:id:asanokawa:20190912174804j:plain

f:id:asanokawa:20190912174825j:plain

f:id:asanokawa:20190912174832j:plain

 

 

と今回はここまでです。

それではまた。

 

FUJIFILM XF16-55F2.8 作例サイトまとめました。

こんにちはひぃ〆です。

今回は

XF16-55mmF2.8 R LM WR 作例をまとめます

f:id:asanokawa:20190906170553j:plain

 

私はカメラやレンズが大好きでして

よく色々なサイトを検索しては作例を漁るのが大好きです

色々検索するのも楽しいですが

一つにまとまっていれば見やすいのになぁ〜と思っていました。

シリーズ化して様々なレンズをまとめようと思っていますので

よろしくお付き合いください。

作例へジャンプ↓

 

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR 概要

35mm判換算で24mm~84mm相当の焦点距離をF2.8でカバーした「XF標準ズームレンズ」のフラッグシップモデルです。高度な光学設計により各種収差を極限まで抑えることで、ズーム全域で画面の隅々まで高い解像力を実現しました。

型番 XF16-55mmF2.8 R LM WR
レンズ構成 12群17枚(非球面レンズ3枚、異常分散レンズ3枚)
焦点距離 f=16 - 55mm(35mm判換算:24 - 84mm相当)
画角 83.2°- 29°
最大口径比(開放絞り) F2.8
最小絞り F22
絞り形式
羽根枚数
9枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(全19段)
撮影距離範囲
標準
0.6m~∞(ズーム全域)
マクロ
広角:30cm~10m
望遠:40cm~10m
最大撮影倍率 0.16倍(テレ端)
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
ø83.3mm×106.0mm(ワイド端)/129.5mm(テレ端)
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
655g
フィルターサイズ ø77mm
   

 

XF16-55mmF2.8 R LM WR メーカー作例

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR : サンプル画像 | 富士フイルム

XF LENS GALLEY

XF16-55mmF2.8 R LM WR作品一覧|XF LENS GALLERY - 富士フイルム Xシリーズ XFレンズギャラリー

Flickr

Search: XF16-55 | Flickr

 

DP Review

Fujifilm XF 16-55mm F2.8 R LM WR: Digital Photography Review

 

PHOTOHITO

FUJIFILM(富士フイルム)のレンズ フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR で撮影した写真(画像)一覧- 写真共有サイト:PHOTOHITO

 

らくふぉと。

www.rakuphoto.net

 コーラブログ様

www.cola507.com

YM-PHOTO様

ym-ph.net

海と猫と週末写真家様

abc-photo.com

KOTOBAKO様

kotoba-box.com

はるふれ様

harucame.com

たこさんちゃんねる様

tako3.photo

 最後に

今回はXF16-55mmF2.8 R LM WRの作例をお届けしました。

FUJIFILMの最高峰標準ズームの写真って本当いいもんですね!!

購入の参考になれば幸いです。

それではまた。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジフイルム XF16-55mmF2.8 R LM WR
価格:122126円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

楽天で購入