らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

やっぱり広角レンズは難しい。

こんにちはひぃ〆です。

 先日手に入れた

www.rakuphoto.net

 XF10-24で桜を撮ってきました。

撮影場所は地元の川沿いの桜。

特に有名でも名所でもありませんが

田舎んらではの風景と桜って好きです。

以下の写真は多少明るさ調整済み。

f:id:asanokawa:20190417164754j:plain

f:id:asanokawa:20190417164813j:plain

f:id:asanokawa:20190417164843j:plain

f:id:asanokawa:20190417164916j:plain

f:id:asanokawa:20190417164943j:plain

f:id:asanokawa:20190417165002j:plain

超広角域は隅っこはやっぱり引っ張られますね。

まぁこれも味ですね。

デジタルカメラ。rawかjpgかの話。

f:id:asanokawa:20190416160118j:plain

こんにちはひぃ〆です。

twitterや2ちゃん(5ちゃん)でも時々話題になる

 

rawで保存して現像するのかjpgで保存するのか

twitterのタイムラインに

写真撮っているヤツでraw現像していないヤツは9割損している

見たいな事が呟かれていたので私見をば。

 

結論としてはどちらも有用でどちらも必要。

まぁなんとも無難な意見で申し訳ないのです。

 

使い分ける

rawは

その場で露出の判断が付きにくい時

人様の記念撮影

絶対に失敗したくない撮影時に使い自宅でLightroomで現像する。

jpgはスロット1にrawはスロット2に保存する同時記録で運用。

 

jpgは普段の撮影の基本で

その場の雰囲気をイメージして適時フィルムシミュレーションを変更

ハイライトやシャドウトーン、シャープネス、カラーも適時変更して撮ります。

 

こうやって文字で起こすとjpgでの運用って面倒にみえますね笑

 

jpgで出来る事はrawでも出来て

尚且つシャドウやハイライトの調整幅はjpgより幅が広いのでraw撮影が良さそうに感じます。

 

それでも基本的にjpg運用しているのですが

・その場で写真に撮りたいと思った時の風景はその時にしか再現できない事がある

・FUJIFILMのjpgのフィルムシミュレーションが使いやすい

・カメラ内でのjpg調整で十分なことが多い

・raw現像が面倒笑

このような理由でしょうか。

手段であって目的ではない

いかに自分の想い描く被写体を写真にするか。

その手段はその人それぞれなので自由に撮ればいいと思うんです。

rawでもjpgでも直接プリントでも最終的に仕上げるのは自分ですから。

 

最後に

何やらとりとめもない文章になった気もしますが・・・

「気楽に楽しく写真を楽しもう」をモットーに立ち上げたブログですので

結論として

何でもいいよ。

写真撮ろうぜ!!

として

締めたいと思います笑

 

FUJIFILM X-H1のシステムが完成した模様

今週のお題「新生活おすすめグッズ

こんにちはひぃ〆です。

途中でPanasonicG8に乗り換えたりしましたが

FUJIFILM Xシリーズを使い始めて3年ほどになりました。

その間X-T1を3台と今のX-H1で4台目となります。

思えば馬鹿な買い物の繰り返しですが

レンズは順調に揃えてきました。

現状のカメラとレンズのシステムで一息ついて想定する写真は全部賄えそうです。

今回は私のFUJIFILM Xシステムをご紹介します。

まずはこいつがいないと始まらない

X-H1。

www.rakuphoto.net

 X-T3が発売され型落ち的な扱いがされたりしますが

私の手に馴染んで手足のごとく扱えるのでもうセンサーサイズとかAF性能が多少劣る感じですがどうでもいいです。

X-H2に期待してますよ!!FUJIFILMさん!!

縦持ちバッテリーグリップ

購入しておきながら未だにブログで紹介もしていません。

ブロガーの端くれなら記事にしたらどうだろうかと思いながら書いていません。

f:id:asanokawa:20190415170037j:plain

f:id:asanokawa:20190415170103j:plain

この縦グリは中にバッテリーが二個入りますので

本体と合わせて計3個もバッテリーを入れることが出来ます。

バッテリー1個で約300枚撮れますので

約900枚撮影が可能になります!!

もちろん縦位置での撮影にも持ちやすいです。

欠点はコレを付けて電池をフルで入れると

重量が1kgを超えます(確か?

大変重くなりますのでイベントで撮影枚数が増える時と縦持ちが多く想定される場合じゃないと持って行きません。

外付けフラッシュ

f:id:asanokawa:20190415170848j:plain

nissin i60A &Air1

ポートレートにブツ撮りにイベントにマクロに何でも来いな大光量クリップオンストロボと

オフカメラでストロボをコントロールするためのAir1

正直ブツ撮りにはまだあまり使っていませんがチャレンジしたい分野の写真ですね。

オンストロボでイベント撮影には使っていますので手放せないストロボです。

XF16-55

私のエースレンズ。X-H1の手振れ補正でさらに使い易さを増し

普段の撮影で安心して任せられる標準ズームです。

 詳しくはこちら↓

www.rakuphoto.net

XF35mmF1.4

巷では神レンズとして崇められる(?)単焦点レンズ。

実は割と苦手な画角で売っては買っては売っては買っての3本目(笑

3本目になってもやっぱり苦手なようで稼働率は高くないです。

時々使うとハッとするボケに絞った時の描写に「やっぱりいいレンズだな」と再確認するので今度こそ売らないぞ!!

 

www.rakuphoto.net

 XF80mm F2.8マクロ

おそらく所有している方が少ないであろうマクロレンズ。

他FUJIFILMのカメラブログを書いている人でもあまり紹介されていないような。

理由は高額・重い・デカイであることは想像出来ます。

しかし強力な手振れ補正・描写・早いAFは魅力的です。

私の花撮りの絶対的エース。

 

www.rakuphoto.net

www.rakuphoto.net

 ヘンイージア25mmF1.8

amazonで好評販売中の割と謎が深い中国レンズ

7artisansやneewerでも同じスペックで販売されているので

同じレンズで販売メーカーを変えているのではないかと思っています。

真偽のほどは定かではないので憶測ですよ。

しかし約1万円と安価ながら使いやすい画角換算38mmでハーフマクロほど寄れて描写もそんなに悪くありません。

息抜きにお散歩に持っていくと癒されるレンズ。

 

www.rakuphoto.net

 XF50-140

フルサイズ換算75-210F2.8通しのレンズ界の花形レンズですね。

過去にフルサイズ用80-200F2.8を使っていた身としては十分軽くて小さい。

届いて開封した時の最初の言葉が「なにコレ小さいっ」だったのですが

家族から見れば十分デカイらしい。

使用用途がイベント撮影だったり人物撮影なので公開する写真が少ないの悩みのタネ(?)

いいレンズですぞ

 

www.rakuphoto.net

 XF10-24

先日のブログでご紹介した稼働率が高くなりそうな超広角レンズ。

大きさ・描写ともに大変気に入りました。

今年は被写体に寄りすぎない。ボカしすぎない。を頭に入れて撮影したいのでバンバン使っていこうと思います。

 

www.rakuphoto.net

 まとめ

さてコレでレンズとしては

10mm-140mmフルサイズ換算15mm-210mmまで揃いました。

自分の撮りたい写真はコレで揃ったことになります。

あとは写真を撮る!!撮る!!撮る!!で楽しめそうです。

とか何とか言って

また買っちゃったらご報告しますね(笑

XF10-24を購入しました。作例19枚お届け。

こんにちはひぃ〆です。

FUJIFILM フジノン XF10-24mmF4 R OISを購入しました

35mm換算15-36mmを写しとる超広角ズームレンズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 FUJIFILM(フジフイルム) フジノン XF10-24mm F4 R OIS【KK9N0D18P】
価格:89960円(税込、送料無料) (2019/4/14時点)

楽天で購入

 

 

以前所有していた広角レンズは

NIKON APS-C時代にAPS-C用トキナー12-28mm

今確認したらこのレンズ生産終了ですね。

一昔前は結構定番レンズだったような記憶があるのですが。

 

もう一本は

NIKON フルサイズ用レンズ 

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

このレンズはFマウントの安価な広角レンズとして今でも人気ですね。

 

この2本以来の超広角レンズです。

以前は超広角域に「撮らされている」感じがして苦手意識を持っていました。

当然広く写りますので入れたくないものが写ってしまう感じでしょうか。

 

ですが最近色々な方の写真を見ている時にすっごく良かったのと

今なら使えそうな感じがしてきました。

   

 

 

迷ったレンズ

XF8-16mmF2.8 R LM WR

2018年11月29日に発売されたフジフィルムが誇るレッドバッジズームレンズ

35mm換算12-24mmをF2.8で撮影できる。

星撮り風景にはこれでしょ!!

なのですが2019年4月現在21万円。

高い。

フルサイズ用のF2.8通しの超広角レンズ並みです。

性能から考えると妥当な価格のような気もしますが今回はそこまでの性能は求めておらず予算外で却下。

お金の心配がなかったらこちらを購入していたことは否定しません。

 

SAMYANG 単焦点広角レンズ 12mm F2.0

韓国メーカーのレンズですがここ最近ユーザーのレビュー・作例も良く注目されております。
価格的にも35000円前後と比較的安くこのレンズと同じSAMYANGの

SAMYANG 単焦点魚眼レンズ 8mm F2.8 II

とセットで買っても

XF10-24の約9万円に対して

SANYANG2本で約7万円で購入できます。

コレは相当迷いましたが

普段使いも兼ねて超広角が欲しいのにMFレンズでしかも2本持ちは現実的ではないかなーということで却下です。

星景レンズや魚眼が欲しい!!となった場合手を出す事になる可能性は否定しません(2回目

 

XF10-24mmF4 R OISの概要・サイズ・機能

公式サイトより引用します

製品の特長

目の前に広がる風景を見た目以上の迫力でとらえ、狭い室内でも空間を広々としたイメージで撮影できる超広角15mm(*1)から、標準レンズとしてもお使いいただける36mm(*1)までの汎用性の高い2.4倍ズームレンズです。ズーム全領域で開放F4.0での撮影が可能で、どの画角でも、変わらぬ絞り値で、安定した撮影が可能です。強力な光学手ブレ補正搭載により、光量の少ない室内や夕景などで、手持ちでの撮影領域を広げます。フォーカスレンズなどを軽量化し、ステッピングモーターを採用したことで、高速AFと静音化も実現しました。また、最短撮影距離24cmを生かし、手前の小さい被写体をクローズアップしながら、背景を同時に写しこむことができ、超広角の利点をさらに生かした迫力ある表現をお楽しみいただけます。

大きさ
そろそろブツ撮りの環境を作りたいと思いながら撮っていますが手が回っていません。
まぁ何となくサイズ感はおわかりいただけるでしょうか。
細身のレンズで軽量です。
このレンズで大きい重いという方もどこかで見たような気がしますが
キヤノンのEOS MシリーズにEF-M11-22mm F4-5.6 IS STM辺りが最軽量かな?

f:id:asanokawa:20190414172839j:plain

f:id:asanokawa:20190414172931j:plain

f:id:asanokawa:20190414173031j:plain

 
機能
手ぶれ補正のON・OFFスイッチと絞りを手動で変えるか自動にするかのスイッチがあります。
ズームしてもレンズは伸びません。
絞りを変えるリングにはF値の刻印がありませんので
目で確認して絞り値がわかりませんので
液晶モニタか電子ビューファインダーを見て確認です。
 
 

作例

購入して二日間で撮った写真です。

特に注釈はつけませんのでどんな感じの写真が撮れるか見てみてくださいね。

f:id:asanokawa:20190414201545j:plain

f:id:asanokawa:20190414201623j:plain

f:id:asanokawa:20190414201722j:plain

f:id:asanokawa:20190414201815j:plain

f:id:asanokawa:20190414201918j:plain

f:id:asanokawa:20190414202031j:plain

f:id:asanokawa:20190414202000j:plain

f:id:asanokawa:20190414202059j:plain

f:id:asanokawa:20190414202131j:plain

f:id:asanokawa:20190414202214j:plain

f:id:asanokawa:20190414202228j:plain

f:id:asanokawa:20190414202333j:plain

f:id:asanokawa:20190414202406j:plain

f:id:asanokawa:20190414202228j:plain

f:id:asanokawa:20190414202333j:plain

f:id:asanokawa:20190414202406j:plain

f:id:asanokawa:20190414202442j:plain

f:id:asanokawa:20190414202527j:plain

f:id:asanokawa:20190414202612j:plain

f:id:asanokawa:20190414202655j:plain

f:id:asanokawa:20190414202801j:plain

f:id:asanokawa:20190414202853j:plain

 

 

まとめ・第一印象

さて作例をご覧いただきました。

いかがでしたでしょうか?

私としては非常に良く写るレンズだと感じました。

使用用途としては風景での使用で

主に絞りF8~F22まで使ってみましたが極端な周辺流れもなく解像は良好です。

 

色乗りは大変良好だと思います。

普段使用しているXF16-55は繊細でシットリ写る感じで

XF10-24はハッキリクッキリといった印象です。

わかりにくいですね(笑

逆光時のゴースト・フレアも良好だと思います。

 

まとめると・・・

超広角レンズとして小型・軽量・手ぶれ補正付きで大変良いレンズです。

大変気に入りました。

オススメですよ!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

《新品》 FUJIFILM(フジフイルム) フジノン XF10-24mm F4 R OIS【KK9N0D18P】
価格:89960円(税込、送料無料) (2019/4/14時点)

楽天で購入

 

 

初心者にオススメカメラって何?って話。

f:id:asanokawa:20190413211419j:plain

 

こんにちはひぃ〆です。

 

初心者にオススメのカメラの記事を紹介しようかと思って挫折しました

Twitterのタイムラインに流れてきた

「初心者にオススメのレンズ交換式カメラはこれだ!!」

みたいなnoteがなかなか面白い記事で

よくgoogleの検索にも引っかかるので私も書いてみようと思い立ちました。

そこで昨日少し書いていたのですが

今販売している初心者用と思われる機種を所有して使ったことがないので

以下にそれっぽいカメラをご紹介することにします

よく初心者にオススメって感じで紹介される機種

キヤノン EOS Kiss M

cweb.canon.jp

キヤノン EOS Kiss X9i

cweb.canon.jp

NIKON D5600

www.nikon-image.com

SONY α6400

www.sony.jp

オリンパス pen9

www.olympus-imaging.jp

panasonic GF10

panasonic.jp

 

さてズラッとオススメと思う機種をならべてみたのですが

ここに紹介していないカメラでも

家電屋・カメラ屋で触ってみて予算に合う

「これいいな」と思ったカメラが良いのでは?

 

という身も蓋もない結論に至ってしまいました。

買いたい方が撮りたい被写体が分からなければオススメの機種というのは勧めようがないですし

 

家電屋でチョロっとしか触ったことがないカメラを他人様にオススメしても責任とれません。

 

私が今からデジタル一眼レフ・ミラーレス一眼を買おうと思っている初心者の方にオススメする機種ではなくて買い方は

最初からネットの情報に振り回されないで実際に触ってみて「このカメラいいな」と思ったものを

後からネットで撮りたい写真が撮れるか調べる方が良いです。

 ネットには情報が溢れすぎています。

カメラ・レンズについても信ぴょう性に疑問のあるような話もたくさんあります。

そんな情報に惑わされないで

ご自身の手で気に入ったカメラ・レンズを手にして写真を撮ってくださいね。

 

XF50-140で桜を撮ってきました。桜写真の作例あります。

こんにちはひぃ〆です。

まだレンズレビューもしていませんが

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR買いました

fujifilm.jp

しかも去年の話だったりします。

購入してから文化祭などのイベントや人物撮影でしか使っておらず

ブログに掲載することの出来ない写真ばかりでしたが

桜の写真撮影に使用しましたので作例をお届けします。

 

詳細はまたレンズレビューとして書こうと思っておりますので今回は写真をどうぞ。

基本的な設定

・プロビアで先日の撮影でグレインエフェクト弱を切り忘れて撮影(笑

まぁ作例としてどうなのかと思いますが

何となく見ていってください。

XF50-140作例

   

 

f:id:asanokawa:20190412200649j:plain

f:id:asanokawa:20190412200657j:plain

f:id:asanokawa:20190412200728j:plain

f:id:asanokawa:20190412200747j:plain

f:id:asanokawa:20190412200832j:plain

f:id:asanokawa:20190412200842j:plain

f:id:asanokawa:20190412200837j:plain

f:id:asanokawa:20190412200839j:plain

f:id:asanokawa:20190412200937j:plain

f:id:asanokawa:20190412200943j:plain

f:id:asanokawa:20190412200955j:plain

f:id:asanokawa:20190412201001j:plain

今日使ってみた感想

主に花撮りに使ってみました。

個人的に望遠レンズとして充分軽量で取り回しが楽でした。

描写性能は絞り開放からピント面は素晴らしい解像です。

私的にF4あたりが美味しいところですね。

 

作例も揃ってきたのでそろそろレビューも書きましょうか。

それは後日に譲るとして今回はこれまで。

それではまた。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジフイルム XF50-140mm F2.8 R LM OIS WR
価格:155440円(税込、送料無料) (2019/4/12時点)

楽天で購入

 

 

 

粒状感のある写真。好きです

f:id:asanokawa:20190411151942j:plain

こんにちはひぃ〆です。

前回「今年の桜写真は寄らない」を目標に掲げました。

お昼に時間が出来たのでその辺をフラフラと写真を撮りに行きました。

まず上記の写真。

jpgをLightroomで加工したものです。

好き。

ちょっと拡大していただければわかりますが

ネガフィルムに寄せるように細かい粒状を入れています。

「桜はピンク色」と思いがちですが結構白い花です。

無理にピンク色の加工はせず落ち着いた色合いも綺麗です。

 

f:id:asanokawa:20190411152653j:plain

 

第二次世界大戦の戦没者のお墓と。

今日は田舎の風景と一緒に桜を撮ると思い立って写真を撮りだしました。

 

桜だけではなく色々な木や花は人々の生活に溶け込んでいるものなのだな。と思いました。

 

そこにある風景。

そこにある環境。

そこに植えた気持ち。

 

それを感じ取って写真で表現できればいいな。

 

とまぁ柄にもなくポエム書いちゃいました(笑

 

f:id:asanokawa:20190411153700j:plain

 

X-H1 クラシッククローム+グレインエフェクト弱で。

グレインエフェクトはX-T2時代から導入されているんでしたっけ?

正直あまりユーザーに使われていないような気がする機能です。

私も思い出したように今回使いましたが

なかなか良いものですね。

フィルムで撮ったような雰囲気が出るような気がします。

 

そうそう。私は40代ですので写真といえば

写ルンですなどのインスタントカメラやコンパクトカメラでした。

子供が生まれたのを機に一眼レフに手をだしてみた訳ですが

その当時デジタル一眼レフなどあるはずもなく(あったかもですがかなり高価でしょう)

購入したのはNIKON Uというフィルム一眼レフ。(ちなみにレンズはまだ保有してます)

知識もあるはずもなく適当にオートモードで撮っていたのかもしれません。

それでも出てきた写真は美しく感動したものです。

人物写真ばかりで公開できるものが少ないですがこれだけ公開。

f:id:asanokawa:20190411154945j:plain

 

まぁ見事にフィルムの端っこが切れてますね笑

それは兎も角・・・

思い出補正とでも言うのでしょうか。

基本的にこのフィルムの雰囲気が好きなんですよね。

安いネガフィルムでしょうけどカリカリしすぎない彩度も抑えめな柔らかい写り。

こんな雰囲気の写真を撮りたい。

 

さて何故か書いているうちに昔話なんてしましたが

最後の一枚。

青空とつくし。

f:id:asanokawa:20190411160354j:plain

うん。

のどかな風景。

明日も晴れるといいな。