らくふぉと。

写真を楽しくお気楽に。

NIKON Z6 Z50mmF1.8 レビュー。隙のない素晴らしい単焦点レンズ。


スポンサーリンク

f:id:asanokawa:20190927180558j:plain

 

こんにちはひぃ〆です。

先日NIKON Z6 Z24-70mmF4レンズキットを購入したわけですが

今回はZ6購入を決めたレンズである

Z50mmF1.8Sレビューをお届けします

まぁレビューと言いましても届いたばかりで近所の散歩でしか写真は撮っていませんが

気になっている方の参考になれば幸いです。

ちょっと触った感じとして

「新時代の標準単焦点」って感じです。

フィルムカメラ全盛時代は50mmが標準レンズと言われてきましたが

昨今はiPhoneなどのスマートフォンは大体28mmですので

50mmが標準か?というと準望遠みたいに感じる方もいるかもしれませんね。

 

 

とりあえず外観など。

f:id:asanokawa:20190927181145j:plain

f:id:asanokawa:20190927181329j:plain

f:id:asanokawa:20190927181322j:plain

うーん。

50mmF1.8ってこんなに大きかったっけ?

過去に使ったフルサイズ標準単焦点がAF-S50mmF1.4Gはもっと小さかった記憶があります。

ある程度の大きさはありますが

実際持ってみると割と軽くて

Z24-70F4のズームレンズより軽くて軽快な感じです。

 

スペックの確認・AFの所感。

NIKONサイト公式より

型式 ニコン Zマウント
焦点距離 50mm
最大口径比 1:1.8
レンズ構成 9群12枚(EDレンズ2枚、非球面レンズ2枚、ナノクリスタルコートあり)
画角 47°(撮像範囲FX)
31°30′(撮像範囲DX)
ピント合わせ IF(インターナルフォーカス)方式
最短撮影距離 撮像面から0.4m
最大撮影倍率 0.15倍
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
絞り方式 電磁絞りによる自動絞り
最大絞り f/1.8
最小絞り f/16
アタッチメントサイズ(フィルターサイズ) 62mm(P=0.75mm)
寸法 約76.0mm(最大径)×86.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
質量 約415g

Z24-70F4が約500gですの約85g軽いです。

たったの85gですがされど85g。

沈胴式で一手間かかる24-70より軽くて軽快に扱えます。

AFは無音で早いですね。

これ大事。

動体を追うようなレンズでもないですが

AFにストレスがないって大事です。

MFのフィーリングもまぁまぁってところだと思います。

MF専用のヘリコイドヌルヌルって感触はないですが

スムーズにある程度の抵抗感はあり使いやすいと思います。

 

   

Z50mmF1.8S作例

f:id:asanokawa:20190927191517j:plain

 F2.8で撮影しました。どうでしょう。

この立体感ある描写。

コンクリートの「市」にピントを合わせましたがそばにある草も伸びやかに描写されていると思います。

f:id:asanokawa:20190927191357j:plain

f:id:asanokawa:20190927191839j:plain

続きまして引きの写真。少々シャドウを持ち上げて調整しています。

F8くらいまで絞って撮影しましたがキリッと引き締まっています。

と言いますか絞りは開放からバリバリに解像している印象です。

f:id:asanokawa:20190927191913j:plain

f:id:asanokawa:20190927180558j:plain

こちらは絞り開放F1.8でほぼ最短で撮りました。

ピントは薄々ですがピント面は大変よく描写しています。

ボケも自然で綺麗ですね。

f:id:asanokawa:20190927192515j:plain

f:id:asanokawa:20190927192427j:plain

f:id:asanokawa:20190927192544j:plain

f:id:asanokawa:20190927192616j:plain

中距離からお花の撮影です。

発色も良く美しいです。

今回の撮影は素性を見るためにjpgそのままで多少の調整にとどめています。

f:id:asanokawa:20190927192831j:plain

F8まで絞って。

瑞々しい葉っぱの質感がいい感じです。

f:id:asanokawa:20190927193123j:plain

F2.8。

蔦の絡みついた木と紅葉した葉っぱの質感をご覧ください。

 

まとめと私感。

f:id:asanokawa:20190927193259j:plain

短時間での撮影ですが作例をご覧いただきました。

いかがでしたでしょうか?

Z6の手ぶれ補正もあり大変快適に撮影できました。

 

本文中にも書きましたが絞りは被写界深度の調整だけで

描写は開放から一切の隙もない

と感じました。

開放の甘さも癖も一切排除したひたすらに50mm単焦点の仕事をするレンズという印象です。超真面目な優等生です。

これを「面白くない」という方もいるだろうなぁ〜という気もします。

お前はどうなんだ?と言われると

私は大歓迎です!!

自然・植物・風景を撮っても

生き生きとした植物・枯れた葉っぱ・風景をリアルに写してくれるレンズだと思います。

 

この隙のない50mmレンズを如何に使いこなすか?

言い訳は一切聞かない(描写に隙は無い)

使いこなしてみろ!!と

これはNIKONからの挑戦状に違いない!!(妄想)

 

妄想は置いておいて本当にいいレンズです。

そのうち書きますがZ24-70F4Sもそうですが

Zマウントのレンズ(ボディも)は良い。

 

f:id:asanokawa:20190927193434j:plain

 

それではまた!!

 


 

 

 


 

 

 

 

www.rakuphoto.net